北海道ツーリングの悪夢

北海道ツーリングの悪夢と呼ばれるライダーのブログ。

ねぶた

北海道ツーリングをしていると どこからともなく聞こえて来る「ねぶた行くの?」の声。

日本一周勢が集結する ねぶたキャンプ村。

ねぶたの時期に フェリーターミナル近くに臨時設営される。
仮説のトイレ、水場がある。
無料だ。

人気の場所は建物の近く。
朝、または午前中に影になる場所。
青森の日差しは意外と強くて、跳ねて疲れて爆睡しているのを 真っ赤な太陽がジリジリ気温を上げてくる。
結果、疲れて眠いのに 暑くて起きてくる。
で、みんなで日陰に移動。
近くのスーパーでアイス買って食べる。
そんな感じ。

毎日跳ねるなら衣装は買った方がいい。
着付けは、キャンプ村の中で 誰かが出来るから聞けばいい。

草履は跳ねる時に脱げるから、紐で固定する。
うまく出来ないなら、運動靴で参加してもいい。ねぶた村はそこまでうるさくない。
作業用の足袋を履いてるのは 常連さん達。

跳人の落とした鈴は幸運を呼ぶ。
勢いよく跳ねて、終わる頃には鈴がなくなる。
子供達が足元に突っ込んでくることもある。
危なくても 気にしてないようだ。
こっちがハラハラする。

ねぶた祭りは、旅人に優しい。
あれだけの人数が集まっても 受け入れてくれている。
無料のキャンプ村を約1週間設置してくれる場所、他にないよね。

旅人はとにかくキャンプ村に行けばいいのだ。申し込みとかもないし、とにかく行って、テント張って、周りの人に挨拶して、色々教えてもらう。
みんなも、その経験があるから親切。
近くのスーパーや、旅人優待のある風呂屋を教えてくれる。
会場まで、衣装を着たままバイクで移動。
女の子は衣装の下にスパッツを履く。
捲れ上がるから。
女の子は太もも丈のスパッツを忘れるな。
あれ、可愛いから。

そして、
祭りが終わってから南下組と、北海道入りするグループに分かれていく。
函館のライムライトに行けば、ねぶたのメンバー勢揃いだったりする。
そのまま、みんなで仲良く夜景を見たり、ラッピに行ったり。

はあ。
行きたいなー。
楽しいんだよな。ねぶた。

鹿あたっく

北海道で走ってると、鹿にぶつかります。
車は廃車。
バイクなら死亡。

ぶつかる時は 諦めよう。

そう思ってました。
バイク乗って10年以上。まだ、ぶつかったことはありませんでした。

が、峠をナイトランしてたら。

会っちゃいました。
このまま通り過ぎてくれ!
と、思いましたが、鹿も「え?やだ」みたいな顔して方向転換してきた…

気づいたら
タンクと左太腿の間を「ばこーーーーーーん」と ぶつかりながら通り過ぎた…

左脚めっちゃ痛い‼︎
なにこれ!
バイク制御きかない!
グラグラグラグラ。
必死でニーグリップして安定させて、真っ暗な道を半泣きで走り続ける。
訳のわからない痛みの左脚を確認する。なんか、濡れてる。
なに?⁈⁈

今止まったら もう走れない。
車もそんなに通らない道だし。
そう思ったから必死でライハまではしりつづけた。

駐輪場にバイクを停めてスタンド立ててエンジンを止めて…
「おかえりー」
常連さんが出迎えてくれた。
力が抜けてバイクに乗ったままタンクに抱きついた。

バイクには鹿の毛と、血が付いてた。
左脚は鹿の毛がついていて、左の皮のサイドバックは衝撃で中身がぐしゃぐしゃだった。



上は翌日。
下は数日後。

ラッキーなことに、膝に血が溜まることもなく 腫れが引いて終了となった。
濡れていたのは夜露のせいだった。

あの鹿がどうなったのか、わからない。
翌日、友人が見にいってくれたけどいなかった。


鹿笛。
最近は北海道のレンタカー会社が全車装備を目指している。
鹿に聞こえる超音波で、ビックリさせて動けなくなった隙に そーっと通り抜けるって道具。

あれ以来、バイクに乗るのが怖くて。
あんまり乗ってません。
峠とかすごい疲れるんです。
右左をずーっと確認しながら走るの。
確実に乗る回数は減りました。

夜は無理だ。

対策として、夜走るならヘッドライトを明るくして、サイドも照らせるようにする。対向車がいない時は真ん中を走る。
鹿笛つける。
スピード出さない。
早朝、夕方、夜は走らない。
それぐらいです。

今回の壁は

ライダーとチャリダーの壁。

そんなもんないよーって言える人は 優しいんだと思います。

私はライダーです。
なので、ふらっとライハに行けばライダーさんと盛り上がります。
キャンプ場でも やっぱりライダー同士。

林道系オフ車の人達はストイックに走る人が多いです。早寝早起き。
カブはマイペース。
アメリカンは飲兵衛。
速そうな人達は エロイ。

車種でも違いますが、やっぱりライダー同士で盛り上がりがち。

チャリダーは 一緒に走ってるメンバーとばかり話す。
何処に行くのも一緒。
美少女系ゲームやアニメのオタが多い。
ガリガリだ。
日焼けのし過ぎで黒い。

ねぶたでも やっぱり別々。
バイクでねぶた参加は 頑張れば毎年行けるけど(実際常連組がいて村長もいるよね)
チャリダーでねぶた毎年参加って なかなか大変だと思うの。まず青森まで行くのも大変だし。
出陣式の後の 橋でチャリを持ち上げて見送りしてくれるのは 嬉しいです。
あの後チャリ漕いで会場に来るんだよね。涙。

なんか壁がある。
なんでだろ。

私はライダー目線で「チャリの連中はグループだから 他と交流しない」と思ってました。

先日公共交通機関を使って蜂の宿にいきました。
バイクグループとは一言も喋りませんでした。
バイクの人達はひたすらツイッターの日本一周中の誰々さんがどうのこうの話してました。

仕方ないので 他の空いてる席に座って「仲間に入れて下さい」と言ってみました。
チャリダー2人。ライダーのおじちゃん1人。
それぞれ別々で来ているそうで この日が初めまして のグループでした。
公共交通機関は私1人だったので色々聞かれましたが、旅の話で盛り上がりました。
チャリダーの臭い問題。チャリで山登り。世界チャリ旅。
バイクのおじちゃんはニコニコ笑って話を聞いてくれます。
居心地いいなー。

翌日、バイクグループは特に挨拶もなく サーっと居なくなりました。
感じ悪っ。
バイクに乗って来てたら もう少し笑顔とか挨拶も交わせるのかな?

んで、この壁はなんだ?

グループの壁なんじゃないのか??
と、ふと思いました。

グループでいれば、他と交流しなくても話し相手に困らないし、相談もできる。居心地も居場所もある。

逆に1人でいれば 他と交流しておいた方が居心地が良くなる。特にライハでは。

去年1人でバイクでライハに泊まったら、他が日本一周チャリダー三人組で…すごく絡みづらかった。
三人でひとつ‼︎みたいな雰囲気だったから。
しかもチャリダーは早寝だし。
そこの出会いからチャリダーに対する苦手意識はなくなった。
バイクは排気量でペースはかわるけど、チャリはある程度走る速さは同じだから 一緒に走るんだなーとか。
チャリってアップダウンも考えてルート決めてるんだな…とか。

お互いにタイトルつけて勝手に苦手意識で壁を作ってるんだろうな。
同じ旅人なのにね。



独り言でした。

高齢

汚ったないライハに行けば若者ばかり。
小綺麗なライハに行けば高齢ライダーばかり。

そんな感じです。

綺麗な方に泊まりたいけど、おじさんたちのホステス役は嫌なんだよなー。

クリオネは 50歳以上はライハ使用出来ません。
ゲストハウスはオッケー。

これに対してクレームが寄せられているようですが…
何が悪いの⁇
他のライハに泊まればいいじゃないか。
みんなの税金で建てたモノじゃないんだから オーナーの考えでルールを作ってもいいじゃないか。
子供お断りのレストランもあります。
雰囲気を壊すから。騒がしいから。
じゃあ、子供歓迎のレストランに行けばいい。

歓迎されてない場所にいってまで泊まりたいですか?そこにいて楽しいですか⁇


それなりの理由があってのルールです。

歓迎されてる所で楽しめばいいと思う。

小汚い旅人がウィンザーに行けばお互い嫌な気持ちになると思う。
ドレスを着たお姫様が蜂宿の女子部屋に泊まればお互い残念な気持ちになると思う。

言葉選びは乱暴デスが
適材適所
です。
適した人材が適した場所にいることで、お互いにしっくりくる。
これがライハの沈没だと思います。
定宿。

泊まったこともないのに、クリオネのライハに泊まれないからって怒り出す50歳以上は「泊まって味わう疎外感と年齢の壁をワザワザ感じた挙句、若者からめんどくさい年寄り扱いされずに済むと言う安心を 自ら要らない‼︎等喚いてるだけである。
むしろ守られていることに気付いてほしい。

寒さ

北海道は、バカみたいに寒いです。

夏だろうと いきなり気温が下がります。

6月中頃。
洞爺湖でキャンプをしました。
酒を喰らって寝ましたが…あまりの寒さに目が覚めました。
今飲んだら明日運転出来ない…
テントの中でも息が白い。
革ジャンもカッパも着たけど寒い。
トイレに行ったら テントよりは暖かい…
このまま…ここで寝ようかな…


8月お盆過ぎ。
糠平湖にあるライハに泊まりました。
温泉のある場所です。
…酒を喰らって寝ましたが…夜中に目が覚めました。室内なのに息が白い…。
温泉の脱衣室に行きました。
温泉の湯気で暖かい…
このまま…ここで寝ようかな…


北海道ツーリングは夏でもいきなり気温が下がります。
夜は宿に泊まるから…って人は大丈夫かもしれませんが、キャンプ、野宿、ライハを予定している人は防寒着を持ちましょう。
寒さで寝れないと翌日のツーリングもつらくなります。
防寒着一枚で 快適な睡眠がとれます。

9月に来るなら完全な冬装備でどうぞ。
ナイトランは修行です。

群れる

私は群れるのが嫌いだ。

1人じゃ走らないとか、いちいちツーリングに誘って来るやつとか、嫌いだ。


走りたいなら1人で行けばいい。
景色と真摯に向き合える。

走りたいだけ走って、休みたい時に昼寝出来るのが ひとりの良さ。


…初心者の頃、無理な追い越しをするツレについて行って事故ったことがあります。

「なんで 前見てないの?」
とツレに責められました。

知らない街。入り組んでいて不安。
ツレは早く海鮮丼の店に行きたくて ガンガン追い越しをかけてました。
私は見失わないように必死で追いかけました。
前方が見えないほどの大きなバスの右に消えたツレを追って ギリギリの車間距離を通り抜けると…
避けきれずに ガッシャーン。

自分の責任です。
無理ならついて行かなければ良かったし、店で合流したら良かった。
その頃は 誰かについて行くしか出来ない駄目ライダーでした。
景色よりもツレの背中ばかり見てたし、置いて行かれないようにって そればかり考えていたんです。


モヤモヤした気持ちで次のツーリングの約束をして 計画を立てていた時に
ふと、違和感を感じました。
無理な追い越しをかけて 車の間を縫うように走ったり シーシーバーに無意味なチェーンを巻き付けたり、カッコ良さ優先でフロントライトを小さくしたり、ミラーを一個にしてみたり。
これって私のやりたい事か?

1人で1週間ほどツーリングに出ました。
連れて行ってくれる人はいません。
青看板とツーリングマップルにらめっこしながら 日勝峠を越えて
もう、その頃には不安よりもワクワクでいっぱいでした。
なんでもっと早く1人で走らなかったんだろう。
景色が飛び込んできます。
目の前に追うべき背中はありません。
ただただ 景色と自分があるだけです。
「うわあああああーーーーーーーーー‼︎‼︎」
訳の分からない叫び声が出ました。
気持ちよすぎるんです。

誰かと走るよりも 一人がいいな
と、実感してからは ソロ。
誘われても断ります。
2ケツもお断りです。
1人がいいんです。

若い子たちが グループで旅をしているのをみると、途中でバラけてみなよ?って言ってみます。余計なお世話ですね。
誰かと一緒にする旅も楽しいけれど グループじゃ出会えない何かがあると思うんだけど。

ソーラーパネル

最近は、予備バッテリーがないと旅が成り立たない。

で、ソーラーパネルを使っているチャリダーさんを見かけるんだが…

北海道の太陽って弱いのよ。

沖縄ではあっと言う間にフル充電になるのに…北海道だとぜんっぜん…。

同じ太陽でもこんなに違うんだねー。