北海道ツーリングの悪夢

北海道ツーリングの悪夢と呼ばれるライダーのブログ。

北海道三大沈没宿

北海道には沈没宿と呼ばれるライハがあります。

居心地の良さから 1日2日…気付けば1週間が過ぎていたりする「浦島太郎体験が出来る宿」の事です。

そのうちの一つ 美瑛の「蜂の宿」に行って来ました。

場所は恋愛パワースポットで有名な美瑛神社

の、道を挟んで向かい側‼︎

これが 蜂の宿‼︎
「まるで結界が張られているようだ…恋愛のご利益が全く感じられない‼︎」
そんな宿です。

駐輪所は屋根っぽいのがある場所もあります。
大きめの砂利です。だいぶ地面と馴染んできました。

数年前にも利用しているのですが、ここはチャリダー率が高い。
居酒屋のコスパが良すぎだから?量も多くて安くて美味しいです。
オーナーさん1人で切り盛りしているので チェーン店のような対応はできません。
忙しそうなら待つのみ。

んで。
今夜泊まれるか聞いたら「すっごい汚いですよ」って。
泊まった事あるんで大丈夫です‼︎って言いましたが…
女子部屋がパワーアップしてた…

なんでも、以前の女子部屋は暗くて怖いって苦情があったらしく…建物の裏に新しく建てたそうで…
ジャーン!

やべえ!
大丈夫か⁈ワタシ‼︎
想像以上のが来たぞ‼︎笑



案内してくれた男の子が
「この布団使っていいんですけど、前回はダンゴムシがいたんですよねー」
…。

いや。負けない。
そんなんで負けないし!
むしろアタマを切り替えて、グランピング施設だと思い込もう‼︎
裸電球がシャンデリアに見えて来たー!

雨風しのげて、ドアがあって、誰かが置いていった銀マットを使えて、電気と充電が出来るなんて‼︎野宿より恵まれてるじゃないか!
何よりも‼︎インナーシーツ持ってるから大丈夫‼︎
以前はフカフカのエアマットもあって、清潔なシーツも使わせて貰えたから油断してエアマットと寝袋忘れたけど‼︎大丈夫‼︎インナーシーツがあるから!



夜は居酒屋で旅人の皆さんとお話ししましたが…
「逞しいね」とお褒め頂きました。

翌朝…
目の前に…

フキ…
部屋の中にフキ生えとる…。

大自然を感じる爽やかな朝でした。

シーツ

ホテルや民宿以外に泊まるなら

エアマット、寝袋が必要だ。

エアマットは空気を入れるタイプ(これはコンパクトだが穴が空いたら終わり)と、卵の容れ物みたいなポコポコしたやつがある。

両方使ったけど、めんどくさがりの私には卵の容れ物みたいな奴がいい。
弟にとられたから、今はエアマットを使ってる。
寝袋は ストレッチのが本当は欲しい。
残念ながらイスカだ。

そして、1番のオススメ。
寝袋用シーツ。
袋状になっていてシルク。
3年目ぐらいに買ったんだったかな?
汗っかきだから寝袋のベタつきに毎回イライラしてたんだけど、あまりの快適さに半袖短パンで熟睡。今じゃシーツなしじゃ寝られないほど。いや、寝るけどさ。

洗濯も簡単だし乾くの早いし。
もっと早く買えば良かったなーと思った。
例えば、飛行機乗り換えで空港泊の時もオススメ。持ち運びに寝袋ほど大きくないから手軽だ。シーツの中で貴重品を抱いて寝れば 安心。
とにかく 寝袋用のシーツはいい。
快眠は旅の質を上げる。

キャンプも、小汚いライハも、
シーツ1枚で リゾートホテルだ。

女性旅人を取り巻く環境

誰も見てないから 安心して書こう。

旅人なんてやってると、男が多くて女が少ない。
この比率はずっと変わらない。
旅の初めは女の旅人なんかゴリラしかいねー!と思う。
旅も長くなるとゴリラも可愛く見えてくる。
ちゃんとオンナに見えてくるんだ。

自衛隊の前期教育と同じだ‼︎
入隊したて頃は 女性と関わることが多かったから女性隊員のレベルをちゃんと見られる。
女性ピラミッドの真ん中ぐらいだろう。
しかし、毎日の訓練、周りは男だらけ…ここから狂ってくる。
少ない割合の女性隊員が…女性ピラミッドの頂点にいる!
佐々木希とかこじはるの場所にだ!

…小汚い旅人に優しくしてくれる女性はたくさんいるけど、相手にしてくれてる訳ではない。
ちゃんと線引きされているんだ。
お付き合いするならちゃんとしてる人‼︎
旅人は論外‼︎
大事な事だから もう一度言う‼︎
論外‼︎

もちろん違う人もいるけど、ほぼ論外だ。

ここから旅人の目線は、同じ女性旅人へとターゲットを変える。同じ事情ならわかってくれるだろ?ってね。
手頃に扱われる女性旅人は不満だろう。


たまにライダーハウス有村架純みたいな子が現れたら 旅人の大移動が始まる。
有村架純を追いかけてみーんなで帯広の花火大会。
混むからヤダとか言ってた男どもも
バイクの台数減らそうとか言い出して誰が有村架純とタンデムするか モメる。

もう、2度と会うチャンスがないかもしれない!そう思うと男どもは プライドも捨てて 恥ずかしいかも?って気持ちも 遠くにぽーんと投げ捨てて 取り合うわけです。
しかも…30代以上のオジさん達が…。
若い男の子は これに参加しません。
脂ギトギトで目を血走らせたオジさん達が怖いから。
でも、女性旅人もバカじゃありません。
チヤホヤを満喫したら、サラッとイケメンを追いかけて颯爽と去って行きます。

ブログとかで「偶然〇〇さんもキャンプしてました。今夜は星がキレー」とか。
いや、昨日の夜話してたやん!
どこのキャンプ場いくのー?とか‼︎

置いていかれた男性陣は やけ酒をあおります。

これが毎年繰り返されている。
同じ会話、同じ行動、変わるのは女性旅人だけ。

私…モテる

そう思ったらいい思い出にして下さい。

あそこが私の居場所だわ!と思ったなら…重症です。居心地は良いけど お姫様扱いはあっと言う間に終了です。
よーく見て下さい。
男の子達の目線は新人さんに釘付けです。
何か教えてあげよう!って気持ちでいっぱい。

旅の中での 異性との関係って中々難しい。
恋愛に発展しても、浮気で泣くことが多いし、結婚してみても旦那が急に仕事を辞めてどっか行っちゃったり。自殺したり。
あんまりいい話を聞かないのはなぜだろうね。
もちろんいい関係のカップルもいるけど。
純粋に旅を楽しんでるならいいんだけど、マンネリ旅人は女の子との出会いをメインにしてたりする。
某〇〇さんは 毎年女の子とっかえひっかえしてるのが 自慢だったり。
それを知らない女の子は 恋に悩んだり。
それは恋じゃない。性欲だ。
やりたいだけ。やったことを恋ってラベリングして正当化したいだけ。


お互い賢くなりましょ。

お財布も携帯もなくしちゃった!
って美人のオネーサンライダーがいた。
男性陣がお世話してあげてたのを思い出した。
「天然なんだねー」とか みんなデレデレしてたけど 私は今も信じてない。
行き先を恩人の墓参りで日程も短いのって言ってたけど、違う人のブログにばっちり写っていて全然違う方向のライハにいて大騒ぎしてたし。
…嫌な感情が湧いてきました。
男性陣に伝えてしまった。
しかし
「天然だから間違った方向に走って行っちゃったんじゃない?」って言葉に…
なんでオトコって バカなの⁈

利用したり、されたり、楽しく過ごしたり、腹が立ったり。
嫌なら離れることが出来るのが旅人の良さです。
ライハに嫌いな人のバイクがとまってたら違うライハ行くし。
夜に嫌な思いしたら早朝顔を見る前に移動したらいい。
なんで私が…と思うかもしれないけど 走れば気持ちいいし。

したたかな女性もいるけど、下手くそな女性もいます。うまく駄目旅男をかわして 楽しい旅をして下さい。

寒い

6月も末なのに…なんだこの寒さ。

今年の北海道…寒いです。

バイク乗る気にならん。

鹿でした

やつらは 急に現れる。
群れで。

初めてあったのは知床峠の入り口。
熊の湯のそば。

道路にブレーキ痕があるところは 鹿の通り道の可能性が高いのです。
そこも ブレーキ痕があったので ゆっくりと走っていました。

いきなりバイクよりもデカイ鹿が現れました。

三頭が横切り

ヤツらが行った先にも数頭…

ビックリしたー。

ビックリついでに熊の湯にも入ってきました。
こちらは熱くてビックリ。

ちなみに…

今年の稚内は鹿が多過ぎてヤバイそうです。

行かれる方は 本当に気をつけて下さい。

低気圧ライダー

資格試験の日。

試験が終わったら
ツーリングに行くんだ‼︎と、張り切っていた。

冬から勉強を始めて、夏。

ツーリングも我慢していた。

1日がかりの試験。

絶対一回で合格する!
試験が終わったらツーリングに行く!
とりあえず日勝峠を越えてカニの家を目指そう‼︎

試験日 お昼休憩。
なんとなく開いたツイッターで…
日勝峠が流されている画像を見た。

いつまでも、あると思うな
親と道。

日勝峠しかり、ラピュタの道しかり。

ツーリングマップル

耐水性の紙。

これは旅人にとって大切な条件である。

しかし…


可愛さを重視していた私は水性ペンで
人から聞いた道をメモしていたため…


高温のタンクバッグの中で
ビニールが汗をかきはじめ…

メモが 流れ落ちていきました。

迷子‼︎

地元民の使う農道走ってたから完全迷子‼︎

前の車を信じてひたすらついて行きました…

いきなり国道に出た…

あの時

ツーリングに持って行くのは 油性マジックにしよう。可愛くなくていい…もう。

と思いました。